雪合戦は遊びからスポーツへ

>

本能として雪は人間や動物達を魅了する

いろいろとある雪を使った遊び方

冬にだけ楽しむことができる雪遊び。子ども他に限らず、大人も楽しむことができます。
雪に触ったり歩いたりしてみましょう。まずは雪の感触を楽しむだけでも楽しい雪遊びです。
自分の足跡を見てみたり、自分の手形を付けてみましょう。普段見られるようで見られない自分の足跡や手形が白い雪の上に現れるのだけでもなんとなくわくわくします。
歩いていると、普段見ることのできない動物や鳥たちの足跡を見ることができます。
雪を使ってなにかを作る遊びも楽しめます。何しろ材料は豊富にあります。定番の雪だるまや雪うさぎなどでもよいですし、自由な発想で好きなものを作ってもよいです。
雪の中にカラーボールなど「宝」に見立てたものを埋めて隠し、みんなで探したりするのは、子供達は大はしゃぎで楽しむゲームです。
雪で坂道を作りその上をじかに滑り降りたりソリに乗ったりと、普段とは違う滑り台感覚で遊ぶこともできます。

雪で遊ぶことの良さとメリット

雪が積もった地面では特に子どもの場合は注意して歩かなければ、雪に足を取られてバランスを失ったり、滑って転んだりしてしまいます。しりもちを付くことによってバランス感覚が育ち、次は転ばないようする判断力・瞬発力なども育ちます。
また一面に広がる雪を見て「何をしよう」と考えたり、「何を作ろう!」と決めて、イメージを膨らませたりすることで、子どもたちの想像力が豊かになります。遊びの計画やイメージを膨らませることができるので、感性が豊かになる効果があります。
大人が子ども達に心掛けることとして、校庭などにガラス片や鋭利な石、凍結してしまった場所や動物の排泄物などがないかを確かめること、屋根などから雪やつららが落下の恐れがないことを確認しましょう。
事前に子どもの達が雪遊びにふさわしい服装かについても気をつけて、しもやけや疲労、寒さによる体調の変化に十分注意しましょう。